Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C218] 空気が薄い高地

空気が薄い高地へ行けばやはり苦しくなりますか?
私は未だそのような経験が無いので、行ってみたいです。
夫と何時かは?・・(先延ばしにしたら余計に実現は遠のくばかりですが・・・笑)「富士登山したいな!」と言っているのですが、体を慣れさせながら、登ると言うことですね。

そう言えば・・・歩きだしの20分位は「この先歩けるかしら?」と思うほどに体がきついのは?何でしょう?何時も思っているのですが・・・そのうちに体が慣れてくると言う事なのでしょうか?・・・
何時も「何故?」と思っておりました。しばらくすると楽に歩けるのです。
  • 2010-09-19
  • 投稿者 : sazae3
  • URL
  • 編集

[C220] >sazaeさん

個人差がありますから、一概には言えませんが、60代を越えたら富士登山は、高地順応を考えたスケジュールを立てないと危険です。

歩きはじめの何十分かがきついのは、何度かかかりつけの医師に言ったことがありますが、なにも説明らしいものを受けたことがなく、医師は精密な検査をせずに判断したくないようです。

たぶん運動のしはじめは血管が拡張していないからだろうというのが、ボクの想像です。

若い時に比べて、血管が固くなっているので、血流の増加に対応して広がるのに時間がかかるのに、心臓の方は必要なだけ血液を送ろうとするから、それだけ心臓に負担を感じるのではないかと、、、

それでも、時間をかければ血管が広がって楽になってくるのだから、動脈硬化とは違うのだろうと思っています。
  • 2010-09-19
  • 投稿者 : おんち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ordinaries.blog96.fc2.com/tb.php/691-5f917982
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

体力年齢が若いと言われても・・・の2


つい最近の7月だって、中央アルプスの千畳敷カール行のバスツアーに参加し、ロープウェーで標高2600m余に着いて、そこからほんの200mばかりの急坂を登っただけで、息も心臓もアップアップになった。

ほんの20歩か30歩で立ち止まっては息を整えて、また登るという具合だった。

いや、苦しくなるのは高地ばかりではない。

酷暑の夏、冬の朝なんぞにちょっと平常より体を動かすと、ものの5・6分で胸が痛くなるほど苦しくなったりする。(しばらくすると慣れて平気になるのだが)。

低い山歩きだって最初の20分くらいが、実にきつい。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C218] 空気が薄い高地

空気が薄い高地へ行けばやはり苦しくなりますか?
私は未だそのような経験が無いので、行ってみたいです。
夫と何時かは?・・(先延ばしにしたら余計に実現は遠のくばかりですが・・・笑)「富士登山したいな!」と言っているのですが、体を慣れさせながら、登ると言うことですね。

そう言えば・・・歩きだしの20分位は「この先歩けるかしら?」と思うほどに体がきついのは?何でしょう?何時も思っているのですが・・・そのうちに体が慣れてくると言う事なのでしょうか?・・・
何時も「何故?」と思っておりました。しばらくすると楽に歩けるのです。
  • 2010-09-19
  • 投稿者 : sazae3
  • URL
  • 編集

[C220] >sazaeさん

個人差がありますから、一概には言えませんが、60代を越えたら富士登山は、高地順応を考えたスケジュールを立てないと危険です。

歩きはじめの何十分かがきついのは、何度かかかりつけの医師に言ったことがありますが、なにも説明らしいものを受けたことがなく、医師は精密な検査をせずに判断したくないようです。

たぶん運動のしはじめは血管が拡張していないからだろうというのが、ボクの想像です。

若い時に比べて、血管が固くなっているので、血流の増加に対応して広がるのに時間がかかるのに、心臓の方は必要なだけ血液を送ろうとするから、それだけ心臓に負担を感じるのではないかと、、、

それでも、時間をかければ血管が広がって楽になってくるのだから、動脈硬化とは違うのだろうと思っています。
  • 2010-09-19
  • 投稿者 : おんち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ordinaries.blog96.fc2.com/tb.php/691-5f917982
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。