Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C207] 料理を作れる男性は・・・・

料理を作れる男性は、奥様にも思いやりがあると思います。作る人の気持ちが理解できると思うからです。最近はお米ぐらいは洗って、炊飯器にセットしてくれるようになりましたが、まだまだ作るまでには行けてません。

自分の分は用意しても、妻の分は用意できないようです。古いタイプの人間で、「料理は女の仕事」と考えていて、一歩も譲りませんねぇ・・・(笑)

もう諦めておりますが・・・どちらが先に逝くかは分からない事ですが、料理をかなり面倒な作業と思っている様子です。
美味しいものが出来たら、嬉しいことなのにぃ・・・ねえ・・料理を褒めると言うことも苦手なようです。困ったものです・・・今更どうにもならないのです。

これからの男性は料理ぐらい出来なかったら、奥さんは逃げて行きますよねぇ・・・

何だか・・人生相談の様な?コメントになってしまいましたぁ・・すみません。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : sazae3
  • URL
  • 編集

[C208] >sazaeさん

どうでしょう。

せっかく作ったものを「おいしくない」と評価されるといやだから、自分が食べる物しか作らないのかもしれませんよ。

そういう点は男性の方が気が小さいものなのです。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : おんち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://ordinaries.blog96.fc2.com/tb.php/680-e1255420
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

自作自食~の1


自分の食べるものを自分で作ることは簡単だ。

問題は、自分以外の人間が食べるものを作ることだ。

ボクのニョーボなんかは、見よう見まねの自己流で、今まで一度も作ったことのないものを、平気でボクに食わせることがよくある。

「これはまずい」とニョーボに言ったことはないが、そう思ったことが全くなかったわけではない。

ただ、作った本人も自分で食べてみて失敗と気付いている場合が多いから、いちいち言わないだけのことなのだ。
(ニョーボだけが満足して食べていることもないわけではなかったが)

だが、社交辞令ではなく人に「おいしい」と言ってもらわないといけない、だなんて考えていたら、料理するのは楽しくない。

人に褒めてもらうことや、人を喜ばせることは、もちろん大切なことだが、何はともあれ自分が満足して食えるかどうかが大切だと思う。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C207] 料理を作れる男性は・・・・

料理を作れる男性は、奥様にも思いやりがあると思います。作る人の気持ちが理解できると思うからです。最近はお米ぐらいは洗って、炊飯器にセットしてくれるようになりましたが、まだまだ作るまでには行けてません。

自分の分は用意しても、妻の分は用意できないようです。古いタイプの人間で、「料理は女の仕事」と考えていて、一歩も譲りませんねぇ・・・(笑)

もう諦めておりますが・・・どちらが先に逝くかは分からない事ですが、料理をかなり面倒な作業と思っている様子です。
美味しいものが出来たら、嬉しいことなのにぃ・・・ねえ・・料理を褒めると言うことも苦手なようです。困ったものです・・・今更どうにもならないのです。

これからの男性は料理ぐらい出来なかったら、奥さんは逃げて行きますよねぇ・・・

何だか・・人生相談の様な?コメントになってしまいましたぁ・・すみません。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : sazae3
  • URL
  • 編集

[C208] >sazaeさん

どうでしょう。

せっかく作ったものを「おいしくない」と評価されるといやだから、自分が食べる物しか作らないのかもしれませんよ。

そういう点は男性の方が気が小さいものなのです。
  • 2010-06-06
  • 投稿者 : おんち
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://ordinaries.blog96.fc2.com/tb.php/680-e1255420
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。