Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災で野菜作り~の6


だが、あいにくニョーボの予想に反して、その後野菜は高騰していないので、今のところ、たいして家計を助けたことにはなっていない。

おまけに、何個かのプランターに一度に種まきしたものだから、収穫時期が一時に集中してしまい、その時期はホウレンソウとリーフレタスを、せっせと食べることになってしまった。

まあ、どっちにしても野菜は、よく摂ったほうがいいのだから、一時にムシャムシャ食ってもいいのだが、、、
スポンサーサイト

大震災で野菜作り~の5


それでも春らしい陽気が続いてからは、ホウレンソウとリーフレタスは順調に成長してくれた。

数回に分けて収穫したが、ホウレンソウは、スーパーの売り物で言えば8把分くらい収穫し、リーフレタスは売り物サイズが10株ほど獲れたから、まあ元は取れた。

ただし、タネを蒔いてから収穫するまで50日もかかるから、時間的な効率は悪い。

大震災で野菜作り~の4


春ホウレンソウは、種をまいて1週間くらいで芽を出してくれるものなのだが、今回は2週間近くかかって、ようやく発芽。

リーフレタスとコマツナは芽を出したものの、2・3cmの大きさから、なかなか成長してくれない。

そうこうしてるうちに、ようやく暖かくなり、これで順調に育ってくれるかと思ったら、コマツナはハモグリバエの幼虫に食い荒らされ、とても食えない代物になったので、全部抜き捨てる羽目に。

大震災で野菜作り~の3


そんなわけで、3月中旬にホウレンソウ、コマツナとリーフレタスの種とプランターなどを買ってきて、さっそく野菜作りに取り掛かった。

ところが、あいにくその直後から寒さが2月に逆戻り。

節電で暖房を止めてしまったから、人間さまが寒さにちじこまっているのは当然であるとして、野菜の種のほうも、寒さにちじこまってしまい、なかなか芽を出してくれなかった。

大震災で野菜作り~の2


昔は、けっこう凝っていたベランダ(正確にはバルコニー)菜園なのだが、最近はすっかり面倒になり、まったく手をかけずに済む野菜しか作らなくなっていた。

だがニョーボのひとことで、急にちょっとだけやる気が出てきた。

さしあたり、最もよく食べる野菜で、栽培に時間がかからないものということで、葉物野菜を何種類か作ることにした。

大震災で野菜作り~の1


東日本大震災の翌々日、スーパーに日常の買い物に行って、いくつもの商品の棚が空っぽになっているの見て、あきれてしまった。

その後、放射能騒ぎのせいで、関東・東北の農産物の一部が出荷自粛になったり、流通業者が取引をやめたりという騒ぎが起きた時、ニョーボが「もしかしたら野菜が高くなるかもしれない」と言い出した。

それで、「ベランダで野菜作らない?」と言うのだ。

千kmの道も1歩から~の8


なにはともあれ、たかがウォーキングでさえ、人間というものは記録にこだわるのかと、我ながら感心する。

でなければ、そもそも何をやっても三日坊主のボクが、3年以上も続けられはしない。

この日記以外に、先に触れたブログで毎日の食事と運動の記録を書き残しているのだが、その記録だけを見て、「マメによくやってますね」とか「根気がいいですね」とか誤解されるかもしれない。

実際はその逆で、記録しているから続いているのであって、本当にマメな性格で根気がいいのなら、何も記録なんて面倒くさいマネしなくたって、たかがウォーキングくらい続けられるはずなのだ。

千kmの道も1歩から~の7


(近頃、とみにモチベーションが低下し、このブログをチェックしている方には申し訳ないのですが、さんざん休憩しながら書いています。)

これも以前この日記に書いたことだが、ボクは自転車で走り回るのが好きだ。

はるか彼方までサイクリングするだけの体力と根気はないが、銀座・皇居・ウォーターフロントぐらいまでなら、楽しく走れるし、ウォーキングともドライブとも違う自由な楽しみ方がある。

だが自転車には歩数計のようなものはついていないので、運動の記録を残す点では不満がある。

いや自転車用品にだって、走行距離から平均時速、はては心拍数まで計測できるものぐらいあるのだが、ボクの乗っている安物の中国製クロスバイクもどきに、そんなものを装着して走ったりするのは、カッコ悪くてごめんだ。

そんなわけで、天気の良い日の数時間の過ごし方として、サイクリングではなくウォーキングを選んでしまうようになった。

ニョーボが、自分のオシャレじゃないママチャリで、都内を走り回りたくないからという理由もあるのだが。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。