Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自堕落生活脱出計画~の8


要するに、そうせざるを得ない状況に自分を追い込まないと、何もやらない性格なのだ。
学校に通っていたときも、会社に通っていたときも、通ったからこそ、学びもし働きもしたけれど、家ではさっぱりだった。
だから昔のサラリーマン時代にタイムレコーダをガチャンとやったように、60歳以上の使用料免除のカードを券売機に入れ、ガチャっと出てきた利用券を手にして、ようやくやる気が出てくるのだ。
これを週に2・3回繰り返せば、いやでも運動するのが習慣になるというわけだ。
スポンサーサイト

自堕落生活脱出計画~の7


家にいてもできるようなことは、結局、家にいたらやらないということが多いのだ。
われながら困った性格だと思う。
晴れれば家にいるのが惜しくなり、雨が降れば溜まっているデジカメ写真の整理だのなんだのをやろうとか思い、時には一日何にもしないでダラダラーっと過ごしていたくもなる。
なんだか子どもの頃、家ではちっとも学習しなかった習慣が、いまだに影響してるような情けなさだ。
ストレッチングか筋トレかどちらかだけなら、1時間もかからないのだが、その1時間が作れない。

自堕落生活脱出計画~の6


別にスポーツセンターに通わなければ、カラダ作りとか体力維持ができないだなんて、実は思ってはいない。
実際、トレーニングルームで費やす時間の半分近くは、マシン類の必要としないストレッチングやスクワット、腹筋運動などで占めている。
20kgとか100kgとか、家ではできないような負荷をかけての筋トレだけ、トレーニングマシンを使っているにすぎない。
だがボクには、わざわざスポーツセンターに通うことにこそ意味があるのだ。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。