Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノラ猫の子はやっぱりノラ~の1

以前に(368~370コマで)描いたメスの野良猫が、次に産んだ4匹の仔猫を連れているのを発見したのは今年の6月のことだった。
母猫は白黒のブチだったが、仔猫たちは足と半身が白いトラ猫が2匹、全身トラ猫が1匹、黒猫が1匹と、毛並みでは母親に全然似ていない。
ただし、ノラにしては、まずまずの器量よしである。
h490.jpg

(→向かいのノラコたちの写真アルバムはこちらにあります
スポンサーサイト

14年乗ったクルマともお別れ~の10

さてその"大"古車から乗り換えることに決めた次のクルマは、フィットである。
たぶんこれがボクの買う最後のクルマになるだろう。
最初に買ったのが初代シビックだったから、結局、最下級大衆車に始まって最下級大衆車に終わることになる。
最下級と言うとなんか卑下しているみたいだが、単にそのメーカーの小型乗用車の中で最も安い車種という意味である。
元もと平凡サラリーマンで、今は年金生活者なのだから、その時その時の自分にふさわしいクルマを買ったらこうなったというだけのことだ。(最初に買ったシビック56万円也。当時の月給手取り約6万円也だった)

14年乗ったクルマともお別れ~の9

それから14年、その時に小学生だった子どもが今年は社会人になって、かつてそのクルマを作っていた(この車種は2年前に生産中止になった)メーカーに就職した。
別に親が勧めたわけでもなんでもなくて、もろもろの事情と条件が重なってのことなのだが、初めて買った時から、同じメーカーのクルマを5台乗り継いできたボクとしては、「面白い縁だなあ」と感じないわけにはいかない。

14年乗ったクルマともお別れ~の8

そんなわけで、帰り道もあちらこちらに乗り捨てられたクルマを見ながら、8時間もかかって、ようやく(無事に)家に帰りついたのだった。
重量級ではない小型車で、まだタイアが新しかったから、ときどきタイアを空転させながらも、なんとか帰ることができたのだが、全くわれながら無茶をしたものだと思う。
これが、誕生日が近接しているボクとニョーボの、合同誕生日記念旅行の中で、最も悲惨な体験である。

14年乗ったクルマともお別れ~の7

翌朝起きて外を見渡せば、どこもかしこも真っ白。
どう見ても雪国だ。
ここでまた「帰る頃には雪も融けるだろう」という甘い期待はあっさり外れる。
なるべく気温が上がるのを待って、タイアチェーンもしっかりと巻きつけ直してから出発したものの、帰りの国道は圧雪が凍りついて、所々がツルツル。
ごついタイアをつけた図体のでかい四輪駆動車も、ハイパワーのGTカーも、ここでは全くデクノボウで、ズルズル滑って交通渋滞の原因になっていた。

14年乗ったクルマともお別れ~の6

やむなくタイアチェーンを装着したのだが、前に乗っていたクルマ用に買ったやつなので、サイズが実は一回り小さい。
無理やり仮装着だけして、とりあえず近くの駐車場まで何とか動かして駐車。
あとは荷物を持って、膝近くまで積もった雪の中を宿まで歩くことになった。
宿の人も「もう今日は客は来ない」と思っていたそうだ。

14年乗ったクルマともお別れ~の5

朝7時過ぎに出発して、通常なら4時間で行けるつもりだった伊豆高原にたどりついたのは、もう夜の7時近くなっていた。
それまでチェーン装着なしで何とか走ってきたのだが、その日の宿まであと1km足らずのところで、急な上り坂にかかって、とうとう進めなくなってしまった。

14年乗ったクルマともお別れ~の4

ようやく東伊豆の国道135号線を南下した頃には、道路脇のあちらこちらに、雪でスリップして動けなくなったクルマが乗り捨てられている。
タイアチェーンはトランクに積んではいたが、そんなものを実際につけて走った経験は一度もなかったから、内心ひやひやしながら、それでもいまさら後戻りする気にもなれず、どんどん先へと進んだ。

14年乗ったクルマともお別れ~の3

14年間乗ってきたこのクルマで、はじめて遠出をしたのは2月のことだった。
その日関東地方は朝から大雪だったのだが、行き先が伊豆半島だったので、途中で小雪になるだろうと、甘い見通しを立てて出発したのが大間違いだった。
高速道路は通行止めになり、結局ずっと国道を走って行ったのだが、湘南を西下しても一向に雪足は緩まないどころか、雪国を走っている趣きになるばかりだった。

14年乗ったクルマともお別れ~の2

ボディーの傷はともかく、4万kmしか乗っていないから、まだエンジンはぴんぴんしているが、さすがにウィンドウガラスの上げ下げが故障したり、ノイズが増えたりと気になる部分も出てきた。
タイアやバッテリーも、交換の時期が来たが、古い車にこれ以上金をかける気も起らなくなったのだ。

14年乗ったクルマともお別れ~の1

14年間乗り続けてきたクルマを買い替えることにした。
ボディーのあちらこちらに小さな傷がある。
駐車中に、他車のドアやバンパーで、当て逃げされた凹みが何割か。
家の駐車するときに作った擦り傷も多数で、大半は駐車を雑にやるから作った傷である。
ピカピカの新車のうちは丁寧だったのだが、一度凹み傷を作ると、だんだん慎重さが薄れて、擦り傷だらけにしてしまった。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。