Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイッチ、ポンの洗濯なら楽なものだ~の5

今全自動洗濯機を使う身になって、しみじみと感じるのは、2人きりの洗濯物の少なさと、半世紀昔に、石鹸と洗濯板で、その何倍もの量を手洗いしていた母親の苦労だ。
だから家庭電化製品の中で、洗濯機がいち早く普及したのも、今は大いにうなずけることなのだ。


「昔はそれで当たり前」との一言で片付けてしまうのは良くないと思う。
それでは「感謝」という気持ちを忘れてしまう。
何でもかんでも当たり前だと思ったら大間違いだ。
でも、そう言う自分も子供の頃は、3時になればおやつが出るのが当たり前だと思っていたには違いないが・・・
スポンサーサイト

スイッチ、ポンの洗濯なら楽なものだ~の4

下着を干す、で思い出したが、遠い昔、会社の独身寮で暮らした頃、洗濯物は自分の部屋の中に、ロープとハンガーで干していた。
それも閉め切ったままのエアコンもない部屋でだ。
若い頃はそういうことに全く無頓着だった。
当然部屋の掃除だって月に1回するかどうかという具合だった。


もちろん独身寮にだって物干し場くらいあったし、出勤前に干しておけば寮母さんが取り込んでおいてくれたのだが、実は寮母さんにパンツまで取り込んでたたんでもらうことに、いささかの抵抗を感じたのだ。

スイッチ、ポンの洗濯なら楽なものだ~の3

一時、ニョーボが「タオルくらいならともかく、奥さんの下着まで干してるのを、近所の人が見たらどう思うかしら」と、洗濯物干しの仕事をボクから取り上げてしまうことがあった。
でもそんなことをいちいち気にしていたら家事分担がややこしくなるだけだから、今はそういったことはない。


そう言えばひところ、亭主の下着は別にして洗うだの、割り箸でつまんで洗濯機に入れるだのと、家庭内のオヤジたちの疎外と孤独が騒がれたことがあったけれど、そういう疎外された親父族は、リタイア後もやっぱり下着を一緒に洗ってもらえないのだろうか。

スイッチ、ポンの洗濯なら楽なものだ~の2

リタイア生活に入って、日中に近所の音でやたらと耳についたのが「パンパン」と何かを叩く音だった。
そんなに毎日のように布団干しをする必要があるのかと思っていたのだが、自分も洗濯をするようになって、はじめてその音の正体に気がついた。


ニョーボに言われるまで、洗濯物のしわを伸ばすのに折りたたんでから叩くなんて知らなかったのだ。
それにしても、ニョーボだってパンパンやっていたのに、ご近所が布団を叩いているとしか思わなかったとは、そのぐらいニョーボの家事に関心が向いていなかったという証拠だ。

スイッチ、ポンの洗濯なら楽なものだ~の1

わが家の洗濯機は乾燥機能のついていない旧式の全自動である。
せまい家なので2階のバルコニーに野ざらしで置いてある。
物干し台が洗濯機の隣にあるから、洗い終わったものを取り出して、すぐ干せるのだけは便利なのだが、雨の日が続くときは大いに不便だ。


洗濯物を干すのは、まあ浴室などに吊るすかしてどうにかなるとして、大雨だと洗濯機を動かすまでがたいへんだ。
バルコニーに覆いをつければいいのだが、そうすると今度は部屋の日当たりが悪くなるからそうできないのだ。
密集住宅地に狭い家を建てると、どこかで我慢が必要なのだ。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。