Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の誕生日のプレゼントは手作り食品


今月で92歳になった母にプレゼントを届けるため、昨日実家に帰った。

プレゼントと言っても、ボクがその前日に煮た五目豆と牛肉のしぐれ煮というシロモノだ。

兄夫婦の介護を必要とするようになって3年目になった母には、もう食べることぐらいしか楽しみがなくなったので、肉と豆の好きな母のために作った。

いくら好きな食べ物といっても、二度三度と口にすると「もういらない」と母が言うことも、兄嫁から聞いて知っている。

だからデパートや名店で買うよりも、自分で作って持って行った方がいい。そういうわけなのだ。
スポンサーサイト

今日は味噌の仕込みの日


気まぐれ生活を送るボクにとって、年に数回の味噌作りは格好の趣味と言える。

仕込みの作業は一日だけ、全部で5時間くらいだから、三日坊主の人間でも全く問題ない。

で、今日は今年3回目のその味噌仕込みの日だった。

昨日から水に浸しておいた大豆を朝から煮て、マッシャーでつぶし、米こうじと塩と混ぜたら、あとは漬け物用のカメに入れて、床下などにしまっておくだけだ。

3ヶ月後くらいに一度だけ撹拌する以外には何もせず、こうじ菌が働いて味噌になるのをただ待つだけ。これなら慢性やる気散漫症のボクにも、これから先何年でも続けられそうだ。

自家製ジャムで3ヶ月~の10

というわけで、約3ヵ月朝食用のジャムを買わずに済んだ。3kg弱のジャムをスーパーで買ったらいくらするだろうとは、作っている時には考えなかった。
けれど久しぶりにスーパーの棚のジャムを手に取ったら、ちょっと自家製ジャムと比較してしまった。
収穫した実でジャムを作るというと、えらく田園生活的なイメージだが、わが家のそれは、やっぱり都会生活のイメージだ。

自家製ジャムで3ヶ月~の9

アンズジャムはニョーボが作ったので、アンズ以外の材料の方は分からないが、ホーロー鍋1杯から、やっぱり広口瓶2個のジャムができた。
こちらは酸味が強くないので、完成品をニョーボの母親にもおすそ分けしている。
(もともとアンズ自体はニョーボの実家のものだから、おすそ分けと言うのが適当かは分からないが)

自家製ジャムで3ヶ月~の8

今年は梅ジャムを作った後で、ニョーボの実家を訪問したら、庭のアンズの木に黄色く熟した実が、めずらしく鈴なりになっていた。
せっかくだから、全部収穫して、その半分以上をもらって帰った。
熟しすぎているのが多かったけれど、ジャムにする分には問題がない。
で、さっそくニョーボがジャムに煮た。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。