Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山なんて夢のまた夢?~の11

最近は「なにも頂上まで無理して行かなくても、ご来光が拝めればいいんじゃないか」と、かなりトーンダウンしてきたが、それでも富士山に登る気が失せたわけではない。
ただ、ツアーの予約をしたのに、またキャンセルしたりするのは、もう大概うんざりだ。
ぐずぐずしてないで、パッと思いつきで出かけてパパッと登ってこないと、富士登山なんていつまでたっても実現しないような気がしてきた。
スポンサーサイト

富士登山なんて夢のまた夢?~の10


その翌年、つまり昨年は例の世界遺産登録決定の騒ぎで、とてもじゃないが大混雑だろうからやめようということになった。
今年もまだその騒ぎは続いているし、富士登山の話題がTVなどでよく採り上げられて、高山病だの落石だのと、いかにも「富士登山なんかやめておけ」と言わんばかりの調子だから、まあ、ほとぼりが冷めるまで無理していくこともなかろうというわけだ。

富士登山なんて夢のまた夢?~の9

ところが富士登山の日程が迫った時に台風が接近してきたために、バスツアーはあえなく中止と旅行会社からの連絡。

その翌年に、また富士登山ツアーに申し込んだ。頂上で「お鉢巡り」もしたいというわけで選んだ、山小屋二泊のゆとり登山プランだった。
ところがまたしても中止という羽目になった。こんどは台風のせいではなく、ニョーボの体調不良のためだった。

富士登山なんて夢のまた夢?~の8

年に数回の足慣らしハイキングを重ねている内に、だんだんニョーボの本気度は強くなり、2人のウェアも装備も買い足してゆくようになった。
そんなこんなで、いよいよ富士登山のバスツアーを旅行会社に申し込んだのが、ハイキング歴5年目(今から3年前)のこと、山小屋一泊の行程である。

富士登山なんて夢のまた夢?~の7

富士登山となると五合目まではバスで行っても、頂上までの標高差は1400m以上。
高山病の危険もあるし、高尾山に登ったくらいで慣れた気になって、富士山になんか登れるはずがない。
10数年前のことだが、乗鞍岳の畳平(2702m)までクルマで行き、そこから頂上(3026m)に登る途中で軽い高山病になり、半分で引き返したこともあるくらいだ。(同じコースをその5年前には平気で登っていたのにだ!)

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。