Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千kmの道も1歩から~の8


なにはともあれ、たかがウォーキングでさえ、人間というものは記録にこだわるのかと、我ながら感心する。

でなければ、そもそも何をやっても三日坊主のボクが、3年以上も続けられはしない。

この日記以外に、先に触れたブログで毎日の食事と運動の記録を書き残しているのだが、その記録だけを見て、「マメによくやってますね」とか「根気がいいですね」とか誤解されるかもしれない。

実際はその逆で、記録しているから続いているのであって、本当にマメな性格で根気がいいのなら、何も記録なんて面倒くさいマネしなくたって、たかがウォーキングくらい続けられるはずなのだ。
スポンサーサイト

千kmの道も1歩から~の7


(近頃、とみにモチベーションが低下し、このブログをチェックしている方には申し訳ないのですが、さんざん休憩しながら書いています。)

これも以前この日記に書いたことだが、ボクは自転車で走り回るのが好きだ。

はるか彼方までサイクリングするだけの体力と根気はないが、銀座・皇居・ウォーターフロントぐらいまでなら、楽しく走れるし、ウォーキングともドライブとも違う自由な楽しみ方がある。

だが自転車には歩数計のようなものはついていないので、運動の記録を残す点では不満がある。

いや自転車用品にだって、走行距離から平均時速、はては心拍数まで計測できるものぐらいあるのだが、ボクの乗っている安物の中国製クロスバイクもどきに、そんなものを装着して走ったりするのは、カッコ悪くてごめんだ。

そんなわけで、天気の良い日の数時間の過ごし方として、サイクリングではなくウォーキングを選んでしまうようになった。

ニョーボが、自分のオシャレじゃないママチャリで、都内を走り回りたくないからという理由もあるのだが。

千kmの道も1歩から~の6


ウォーキングの記録にこだわったために困っていることの一つは、以前にこの日記にも書いたが、近所を歩き回ることに飽きあきしてしまったことだ。

では、電車にでも乗って遠出をすればいいのだが、そうすると時間がかかるので、途中で昼食をとることが必要になりやすい。

つましい年金生活者としては、そうやたらと外でランチというわけにはいかないし、週に何度も弁当を作って持ち歩くのも面倒だ。

もう一つ困ってるのは、自転車に乗る機会が減ってしまったことだ。

千kmの道も1歩から~の5


家にいる時や、ほんの近所にちょっと出るときは、歩数計を付けないが、ウォーキング目的以外の外出でも、スーパーへの買い物に出るときは付ける。

というのも、日頃利用しているスーパーは、わが家の周辺では最も安い代わりに最も遠い(片道約1.6km)店だからだ。

家計が助かって、おまけに運動になるのだから、こんなに良いことはない。

ただ、ウォーキングにこだわって、少し困ったことがある。

千kmの道も1歩から~の4



もちろん、歩数計が計測する歩行距離は、歩数計にプリセットした歩幅で計算するような仕組みだから、自分の正確な歩幅を知っておく必要がある。

だから年に1回ぐらいは、神宮外苑まで歩幅を実測しに行く。

神宮外苑の周回道路は、ランナーたちのために歩道に100mごとの表示板が埋められているから、それを使って100mにつき何歩で歩くかを数えて計算する。

背も低いが足も短いから、今の歩幅は75cm。

これがほんとに正確かどうか気になるところだが、今はGoogleマップという便利なウェブ・サイトがあって、地図上で自分の歩いた道筋をたどると、距離を計算してくれるから、歩数計の示す距離数と照合できるのだ。(だから、ほぼ正確)

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。