Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛筆の芯~の4

子どもが次々にちびけた鉛筆を生産したので、その後の使うあてもないままに数cmの鉛筆の芯がどんどん貯まった。
子どもは中学生になるとシャープペンシルを使うようになったのだが、小学生時代に貯まった芯は今でもたくさん残っている。
世間並みに孫でもできていたら、孫に新品の芯ホルダーとこの貯まった芯をプレゼントするところだが、あいにくその用途はほとんど期待できない。
だから今のところ、この鉛筆の芯はボクの漫画の下書き用に少しずつ使われているだけだ。


スポンサーサイト

鉛筆の芯~の3

そうやって子どもの時から、節約を生活の中で覚えさせようとしたわけだ。
それでも、ちびけた鉛筆が次々とできたのをポイポイ捨てるのは、もったいない気がした。
元もとボクは漫画の下書き用に芯ホルダーを使っていたからだ。
それで、ちびけた鉛筆をカッターで縦に割って中から芯だけ取り出してから鉛筆を捨てた。


この頃はまだ頭のてっぺんは薄くなっていない。

鉛筆の芯~の2

中年以上の人には、子ども時代に鉛筆ホルダーを使った人もいるだろう。
これを使うと、鉛筆が残り3~4cmくらいになるまで使うことができる。
ボクの机の引き出しに何本かそれが残っていたので、子どもが小学校に入って鉛筆を使うようになったとき、短くなった鉛筆にそれをつけて、子どもに使わせていたのだ。
もうこの時代にはそんなものを使う学童なんかいないから、子どもはむしろ珍しがって喜んでいた。


鉛筆の芯~の1

漫画の話に戻す。
下書きにはあいかわらず鉛筆を使っている。
いや正確に言うと鉛筆の芯をホルダーに入れて使っている。
数cmの鉛筆の芯だけがたくさん残っているからだ。
と言っても、これは子どもが小学校時代に使った鉛筆の残りを、捨てずに芯だけを取り出して貯めておいたものだ。
まだ使えるのにもったいないからだ。


Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。