Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン自作の虫がまた騒ぐ


自作のパソコンを使うようになって12年たった。

今使っているのは2007年の暮れに組み立てたやつで、Windows Vistaで動いている。

いちおうその頃の最新パーツで、Vistaがスイスイと動作するように作ったはずなのだが、2年とちょっと使ってくると、それなりに不満が出てくる。

特に昨年、組み込んであったTVチューナーを地デジ・BS用に交換してから、アナログ放送を見ていたときに比べて、すごく動作がのろくなってしまった。

せっかく同時に液晶モニターもワイド画面に交換したというのに、がっかりだ。

Windows7にしてしまおうかとか、パソコンそのものを新しく作ろうか、大いに迷うところなのだが、今年は一眼レフカメラを買い替えたばっかりだ。

つましい年金生活者としては、パソコン道楽にそうそう入れ込んではいられない。
スポンサーサイト

Windowsで10数年~の9

あいにくボクの漫画はアニメ系の漫画とは対極に位置するようなアナログ手法の旧式画法だ。
普通に画紙にペンと筆で描いて、スキャナーでパソコンに取り込む。
別にその方がいいと思っているわけではなく、単に昔からやってきた描き方を変えるのが面倒なだけだ。
それに今のやり方なら、20年以上前にそろえた画材がまだ使えるから捨てないですむ。


Windowsで10数年~の8

今、ホームページやブログで漫画を描いている人たちの多くは、ドローソフトを使用している。
手描きの線をまったく用いないで、完全にソフトで描画している人も多い。
だから描線も着色も実にキレイな漫画をよく見る。
まるでCGアニメをキャプチャーしてきたみたいだったりもする。


Windowsで10数年~の7

だからホームページのアクセス件数が少なくたって、それほど問題ではない。
(まったく問題にしてないといえば嘘になるが)
なぜなら自費出版なんてせいぜい数百部しか配れるものではないし、貸しギャラリーに見に来てくれる人だって所詮たいした数ではないからだ。


いちばん肝心な問題は、毎週新しい漫画のアイディアを産み出すことができるかだった。

Windowsで10数年~の6

やはり漫画を発表する場が欲しかったのだ。
いや逆に発表の場ができたので漫画を描く気になったといってよいだろう。
それまで20年近く、ろくに握ることのなかったペンを再び手にするようになったのは、ホームページあってのことだったのだ。


アマチュア漫画家が作品を出せる場など、漫画コンクールか地方紙などへの投稿か、さもなくば自費出版か貸しギャラリーぐらいしかなかったのだ。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。