Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ拾い、その後~の11

ところでゴミ拾いを続けている理由だけれど、実際のところ、大した理由は見つからない。
わが家のご近所さんは、毎日のように家の前の道だけは掃除しているのだが、それに比べ、今やシャッター通りと化しつつある表通りの商店街では、店の前を掃除している人がとても少ない。
こんなことだから商店街も寂びれるのだという無言の批判のつもりもある。

さらに言えば、データで実証されてもいるが、ゴミの多い町は犯罪を招きやすい町でもあるし、これから老いてますます弱々しい小市民となってゆくというのに、つまらんチンピラ犯罪が増えるなんてまっぴらごめんだからでもある。
スポンサーサイト

ゴミ拾い、その後~の10

吸い殻も相変わらず多い。
今やタバコ1箱400円以上にもなったのに、愛煙家はお金持ちと見えて、とんと値上げなどこたえている様子がない。

煙草値上げの後よりも東関東大震災の後のほうが、街の吸い殻が減ったのだが、あの時は世の中が何でもかんでも自粛ムードだったからだろう。
たぶん、もっとすさまじい災害に日本が見舞われたとしても、喫煙率が下がるのは、ほんの一時的であるに違いない。
それならそれで、もうあと少し値上げして、それを吸い殻清掃事業費用にしてくれたら、中高年の就労支援にもなろうというものだ。

ゴミ拾い、その後~の9

腹が立つというより困っているのが、電柱や街灯の柱に貼られている不動産の売り出しのポスタービラだ。
簡単に剥がされないように、強力な両面テープでがっちりと貼られているので、ちょっと引っ張ったぐらいでは剥がれないし、はがれてもテープだけはベッタリと残って、実に汚らしい。

最近では工事関係で使われているような超強力な粘着テープを使っている例が多い。
こいつがまた、真っ黒なテープなので超見苦しいのだ。

ゴミ拾い、その後~の8


中には自転車で通りすがりに派手にばらまいてサーッといなくなってしまうという、かなり悪質な人間もいる。
公園には当然「ハトのエサやり禁止」の看板が立てられているのだから、こんなのは一種の確信犯的行為と言わねばならないだろう。
おかげで、その公園ときたら、ハトのほうが人間よりもエラそうにしているありさまなので、ゴミ拾いトングで必ず追っ払うことにしている。
だが、彼らは一時的に電線の上に退散するだけで、ボクがいなくなれば、また舞い戻ってくるのだ。

ゴミ拾い、その後~の7

ゴミ拾いをしていて腹が立つのは公園に集まるハトである。
なにしろ公園の地面はハトのフンと羽だらけで、定期的にやってくる公園の清掃員が掃除しても、翌日には元どおりになっている。
一部のマンションではベランダのハトのフンと羽が健康問題にまでなっているらしいが、公園だって年寄りと幼児が多いのだから、喘息や感染症が心配だ。

ところが世の中には、そういった情報には疎いのに、動物愛護精神だけは人並み以上という御仁がいて、ハトに餌をやったりするから困りものだ。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。