Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リタイア後に手帳なんて必要か~の2

手帳のスケジュールに書くべきことがない理由の一つは、ボクが人と会うのを億劫にしていることだ。
古くからの親しい友には会いたいが、他にはまったく人と集まる機会を持たない。


ところがあいにく旧友のほとんどは、まだ現役続行中なのでそうしょっちゅう集まってられない、ときた。
スポンサーサイト

リタイア後に手帳なんて必要か~の1

手帳が金銭出納帳兼スケジュール表だと書いたものの、最近はスケジュールに書き込むほどのことがほとんどない。
サラリーマン時代にはスケジュール表が埋まっていないと、不安な気持ちになっていたものだった。
その点今は自由だから不安はないものの、若干さみしい気がしないでもない。


と言って、昔のようにスケジュールで縛られた生活に戻るのなんて、まっぴらごめんだ。
だいたいサラリーマン時代のスケジュールなんて、その半分は仕事の工程管理表のようなもんだったのだ。

手帳を作ってみた~の4

手帳作りでいちばん面倒だったのは、中身の印刷だった。
5枚ずつ袋とじにしたのを束ねるので、紙の両面に1年分の日付等を順に間違いなく印刷するだけの作業で、けっこう頭をひねった。
それ以外は1回試作品を作ってみて、だいたいの要領は呑み込めた。


これ以外に、実際に作る要領はもっと細かなことがいろいろあったけれど、自己流をあまり詳細に紹介してもしょうがない。
あまり器用なほうではないし、根気もないほうだが、自分の使うものを自分で作るのは楽しい。
なにより、モノを作っているときは他の余計なことを考えないで集中できるのがいいのだ。

手帳を作ってみた~の3

ことのついでに、手帳を作るのに使った材料と道具を紹介しておこう。
と言っても特別なものなんてまったくない。


パソコンとプリンタで中身の印刷をするから、簡単な材料と道具で作れる。
100%自己流でも作れるように、あまりむずかしそうなことはしない。
自分には必要のないものを省いていくと、コンパクトでスリムな手帳が出来る。

手帳を作ってみた~の2

さて、そうまでして作った手帳を、いったいどのように使っているかと言えば、これが世間で呼ばれるところの「こづかい帳」なのである。
実はサラリーマンになってから、ほとんどずーっと今日に至るまで、会社から支給された手帳はボクの金銭出納帳兼スケジュール表だったのだ。


ボクには日記を付ける習慣というものがないのだが、金を使った記録があると、何年何月何日にどこで何をしたかを思い出すことが出来るので、日記代わりになる。
ただしこづかい帳(家計簿)をつけると、それだけで節約の意識ができるという俗説はボクには当てはまらなかった。
だからボクの何十年分の金銭出納帳はまことに立派な「無駄遣いの記録」である。

Appendix

カウンター

最近の記事

サークル

PHOTOHITOブログパーツ

"PHOTOHITO"にも参加してます

過去の記事

順番にご覧になるには平凡生活・漫画文庫からどうぞ

プロフィール

おんち・はじめ

Author:おんち・はじめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。